オンライン 水源の里自然大学

ヒメザゼンソウの生態と絶滅危惧種の話

 
 
京都府⽴⼤学の教員と水源の里・光野の皆さんのコラボレーションで、絶滅危惧種「ヒメザゼンソウ」(京都府レッドデータブック「絶滅寸前種」指定)の研究を続けてきました。その成果の一部を、皆様にお伝えするオンライン講義を開催します。
是非、ふるってご参加ください。
オンライン自然大学チラシ
開催概要
 日時:10月9日(土)
 会場:オンライン(zoom) 及び 奥上林公民館
 主催:水源の里
    
京都府立大学新自然史科学創生センター
​ 参加費:無料
プログラム
10月9日

開始 13:00 閉会14:30

テーマ:ヒメザゼンソウの生態と絶滅危惧種の話

■講師:武田 征士(京都府立大学大学院・生命環境化学研究科准教授)

テーマ:ヒメザゼンソウ保全のための水源の里・光野の取り組み

■講師:福井 善男(水源の里・光野事務局長)

​募集人数
オンライン(zoom):90人
​現地         :30人

先着順で、定員に達し次第締め切ります
応募締め切りと参加方法
応募締め切り

10月1日

参加方法
以下のメールアドレス宛に、氏名、性別、年齢、住所、オンライン又は現地参加のどちらを希望されるかを記入し、
送信してください。(メールのタイトルに「水源の里自然大学参加希望」とご記入ください)

オンラインでの参加者には、申し込み締め切り以降に zoom ミーティングのURLをメールでお送りします。

申込先:あやべ水源の里連絡協議会事務局(上林いきいきセンター内)

メール:teijyutiiki@city.ayabe.lg.jp